Copyright (C) 1992 KASHIMA ANTLERS FOOTBALL CLUB CO.,LTD.

  Antlers Cafe      +Stadium BBSへ  +Cafe 2018版
 ○この掲示板は、鹿島サポーターとすべてのサッカーファンのための掲示板です。情報交換、親睦にお使いください。
 ○利用される皆さんのために、良識ある発言をお願いします。投稿者名、題名、内容は必須です。
 ○この掲示板はCookieとスタイルシートを利用しています。
 ○掲示板の詳しい利用方法・HELP。(必ずお読みください)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃留意事項 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム ┃RSS  

28 / 120 ツリー    ←次へ | 前へ→

【3085】2018 戦力 GK アントン 18/1/5(金) 11:00

【3085】2018 戦力 GK  アントン  - 18/1/5(金) 11:00 -

曽ヶ端、スンテ、川俣、沖

昨季途中でスンテが怪我離脱し、そこから曽ヶ端がシーンズン最後まで正GKを担ったが、理由はチームが好調を持続していたので、あえてDFラインとの絡み上、スンテに戻さなかったという側面もある。

スンテも出場できなくても献身的にチームを支える姿勢が見え、鹿島にふさわしい選手だと感じた。
曽ヶ端と合わせ、経験、実力が揃う選手が2名もいるのは心強い。

川俣はバックアップ要員ということになろうが、将来的にも正GKという評価ではないだろう。
しかしながら、野球の捕手同様、このポジションのバックアップの重要性は高く、チームに安定をもたらす。
年齢的にも中堅になり、ますます頼もしくなってくれたらと願う。

沖こそは将来の正GK候補。年代別代表の常連であり期待は高い。
しかしながら、まだプロとしての筋力も備わっていないように見え、川俣との差もまだ大きい。
お手本として最高の3人に学びながら、来年の今頃は戦力として見られるようになっていたい。

18シーズンは計算できる戦力であるが、高年齢化も進むため、来年の今頃は最重要補強ポイントになっている可能性がある。
そうなると、代表クラス、また外国籍であればスンギュクラスの選手が来季は欲しいところ。
水面下での準備は引き続き必要であろう。

引用なし

パスワード



・ツリー全体表示

28 / 120 ツリー    ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃留意事項 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム ┃RSS  

 239,454
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b4