Copyright (C) 1992 KASHIMA ANTLERS FOOTBALL CLUB CO.,LTD.

  Antlers Cafe      +Stadium BBSへ
 ○この掲示板は、鹿島サポーターとすべてのサッカーファンのための掲示板です。情報交換、親睦にお使いください。
 ○利用される皆さんのために、良識ある発言をお願いします。投稿者名、題名、内容は必須です。
 ○この掲示板はCookieとスタイルシートを利用しています。
 ○掲示板の詳しい利用方法・HELP。(必ずお読みください)

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃留意事項 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム ┃RSS  

24 / 155 ツリー    ←次へ | 前へ→

【1358】天皇杯 元祖・大阪の鹿 18/6/6(水) 23:32

【1375】Re:天皇杯 元祖・大阪の鹿 18/6/9(土) 22:00
【1376】Re:天皇杯 元祖・大阪の鹿 18/6/9(土) 22:03

【1375】Re:天皇杯  元祖・大阪の鹿  - 18/6/9(土) 22:00 -

▼鹿島でスマイルさん:
私も鹿島の試合がないため、何となく心に穴が開いたようです。

天皇杯は格下チームであるため、リーグ戦でも同じように戦えるとは思いませんが、これまでの攻撃の課題を少し解消できそうな出来だと感じました。

相変わらずのスロースターターぶりですが、クロスに対する選手の動き出しに変化を感じました。
特に顕著に感じたのは3点目のシーン、優真のゴールです。
2016シーズンのときは何度かあったのですが、昨シーズンの途中から減ったパターンで、クロスに対して2列目から走り込んでゴールを決めるというパターンです。
これは、クロスの質、タイミングも大事ですが、2列目の位置からきちんと走り込み、タイミングを合わせたヘッドを出来る選手がいるのかも重要な要素です。

大岩監督になってから、ポゼッションと中央から崩すスタイルを多用したため、こういったゴールが減ってしまい、昨シーズンの後半から中を閉められるようになったことから付け焼き刃的にサイド攻撃を多用するようになっものの、FWはゴール前に構えるだけになり、そのゴール前の密集地にクロスをあげることから、よほどのクロスの精度でない限り、得点が生まれない状態になりました。
実際、昨シーズンはセットプレー以外でヘッドによるゴールが少なく、特に2列目から走り込んでのヘッドによるゴールは大岩が監督してから皆無でした。

今後の得点力の向上には欠かせない動きだと思いますので、精進のうえ得点していってほしいですね。

引用なし

パスワード



・ツリー全体表示

【1376】Re:天皇杯  元祖・大阪の鹿  - 18/6/9(土) 22:03 -

▼元祖・大阪の鹿さん:
優真×→優磨〇です。
失礼しました。

引用なし

パスワード



・ツリー全体表示

24 / 155 ツリー    ←次へ | 前へ→
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃番号順表示 ┃検索 ┃留意事項 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム ┃RSS  

 80,595
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b4