Copyright (C) 1992 KASHIMA ANTLERS FOOTBALL CLUB CO.,LTD.

  Antlers Cafe      +Stadium BBSへ
 ○この掲示板は、鹿島サポーターとすべてのサッカーファンのための掲示板です。情報交換、親睦にお使いください。
 ○利用される皆さんのために、良識ある発言をお願いします。投稿者名、題名、内容は必須です。
 ○この掲示板はCookieとスタイルシートを利用しています。
 ○掲示板の詳しい利用方法・HELP。(必ずお読みください)


【1517】2020年の総括  東京アントラーズ  - 21/1/4(月) 14:20 -

新年の挨拶は、新掲示板が開設された際に改めて行わせて頂きます。

年末の伊東放出は、今までの鹿島の歴史の終焉と捉える事ができるでしょう。
選手の移動とクラブの歴史的な位置づけが、結果的に見事に一致した。

クラブの母体企業は、住友金属⇒新日鉄⇒メルカリと変化し、地域との密着性がどんどん希薄になっていった。
かつて茨城県のサッカークラブと言えば「鹿島」だったが、県内のランドマーク企業である「ケーズデンキ」そして、土浦に工場のある「プリマハム」をスポンサーに取り込んだ「水戸ちゃん」が猛烈な追い込みをかけている。
水戸ちゃんに「土浦に楔を打たれた形」だが、クラブに危機感は無いのだろう。

かつての鹿島は、ジーコによってもたらされた「最先端のサッカー」、スタジアム、クラブハウス、選手達のスピリット、が他のクラブに秀でていた。
しかし、今は、4万人規模のスタジアムを持て余し、地域への情報発信は停滞、サッカーの実力も川崎の背中が追えなくなりつつある。

昨年、クラブはザーゴ監督を迎え「新しいサッカー」を思考している。
公式ホームページを「簡単なパンフレット」として、クラブの歴史をおざなりにした。
クラブに残された数少ない「ポジティブファクター」であるスタジアム屋台を単なる「商品見本」にしてしまい、茨城県内の市町村との繋がりを「仕方ないもの」という扱いにしてしまった。
クラブを「メルカリのビジネスの広告塔」に特化してしまい、他のスポンサー企業にとって「魅力の無い存在」にしてしまった。

2020年が、クラブにとって『全てを失った』年となるか、『過去を捨て去った年』となるか、は今年次第になるだろう。
自分の様に「過去を知っている人間」が頭を下げるような、画期的な成果をもたらしてほしい。


引用なし

パスワード




【1517】2020年の総括 東京アントラーズ 21/1/4(月) 14:20

33 / 297     ←次へ | 前へ→

 101,670
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b5