Copyright (C) 1992 KASHIMA ANTLERS FOOTBALL CLUB CO.,LTD.

  Antlers Cafe      +Stadium BBSへ  +Cafe 2024版
 ○この掲示板は、鹿島サポーターとすべてのサッカーファンのための掲示板です。情報交換、親睦にお使いください。
 ○利用される皆さんのために、良識ある発言をお願いします。投稿者名、題名、内容は必須です。
 ○この掲示板はCookieとスタイルシートを利用しています。
 ○掲示板の詳しい利用方法・HELP。(必ずお読みください)


127 / 202 ツリー    ←次へ | 前へ→

【1076】おつかれさま10番、本山雅志。 古鹿 23/11/19(日) 9:31


後半20分、トニーニョ・セレーゾがビスマルクに交代を告げ、ビスマルクは静かに 国立のピッチを去った。思わず名審判、レスリー・モットラムが歩み寄り、握手を求 めた。美しいシーンだった。 替わって勢いよくピッチに駆け込んできたのは、16番本山雅志だった。 本山は鹿島のジョーカーとして多くの相手を震え上がらせてきたが、背番号の置き所がな かったのだろう。この交代で、ジーコ、ビスマルク、本山雅志が鹿島の10番として確立した。 このシーンは、いつまでも忘れられないサッカーの美しいシーンだ。 国立だったと思う。どの試合だったか思い出せないが、本山が出た以上、結果は勝利したに決まっている。 小笠原がイタリアにいる間、本山は、本当に頑張った。 僕は、実は本山が内蔵の病気を抱えながらプレーしていることを知らず、途中交代してしまうのにがっかりして、本山のことを、「あれで鹿島の10番が務まるのか。」という趣旨の投稿を、この掲示板に当時のハンドルネームで行ったことがあった。あとで病気のことを知ってひどく後悔した。 そのことを、今、本山雅志選手にお詫びしたい。 アントラーズは、本山のおかげでタイトル数が彼の番号に追いつき、 現在では20冠となった。本山、ありがとう。本山の猫背気味の背中に背負ったものを、 今の若い選手たちは知ることができるだろうか。本山、お疲れさま。
引用なし

パスワード




127 / 202 ツリー    ←次へ | 前へ→

 85,888
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v1.03b5